TOEIC®受験対策科

本ページでは、当校のTOEIC®受験対策科についてご紹介しております。

TOEIC®の概要と受験するメリット

英検同様、一部の大学や大学院を受験時に英語力の証明として使うことができますが、企業で昇進や海外赴任時の条件に指定されているなど、社会人向けの試験として認識されています。

試験問題は、アメリカのテスト開発期間であるETSによって製作され、国内での試験の実施は一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会が行っています。

その違いも英検と比較すると分かりやすいのですが、英検がいくつかの受験級に区分され、各級それぞれの試験問題を受け、一定の得点以上を獲得すると合格となるのに対して、TOEIC®では全受験者が2時間200問で構成される同一の試験問題を受け、合格/不合格の区別がありません。

つまり、取得した点数(10~990点)がそのまま英語力の証明となるのです。

※詳しくは一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会のウェブサイトをご参照ください。

K・G・C独自のTOEIC®対策カリキュラム

上述の通り、TOEIC®には合否判定がありませんので、スコアがそのまま英語力の目安となります。そのため、英語を使う目的に応じて、目標とする点数は変わってきます。

当校では、その目標を600点と900点に置きました。

600点目標コース

TOEIC®600点の取得者は、基本的な語彙力や文法事項が身に付いており、「限定された範囲内で業務上のコミュニケーションができる」とされるため、日常生活で業務で英語を使用することがない企業でも求めることが多い点数です。当校の600点目標コースでは、必要に応じて中学レベルの英文法も復習しながら、初めてTOEIC®を受験される方でも、仕事レベルで英語が使えるようになるよう、段階的に指導して行きます。

900点目標コース

一方、TOEIC®900点というのは、「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」とされ、一般的には高度な英語力であると認識される点数です。「国際部門の社員に期待するスコア」が660~840点ですし、最高点が990点ですので、そのように考えても差し支えはないでしょう。当校の900点目標コースでは、試験の最新傾向を踏まえながら、ニュース英語なども取り入れ、実践的な英語を身に付けることを目標としています。※900点目標コースは、TOEIC®800点以上の方を対象とします。

いずれのコースも目標点の取得だけではなく、実用的な英語力を養うことを目指しております。

※上記以外のスコアを目標とされる場合やリスニング力を集中して強化したい場合は、当校の日本人講師による個人レッスンもご検討ください。レッスンは、TOEIC®900点以上のプロ講師が担当し、すでに多くの実績も上げております。

TOEIC®受験対策科の概要

開講コース

600点・900点の2コース

授業時間

週1回 90分授業

授業料

¥12,500/月

入学金

¥18,000(入学時のみ)